トップページへ戻る > 生保とはどういうもの

生保とはどういうもの

人命や傷病が発生したときに経済損失から生活を守ってくれる仕組みが、生命保険(生保)です。多数の人が参加して、補填しあっており、万が一のことが起こったときのため、掛け金として備えておきます。いわばリスクファイナンスと言い換えることができます。

そうするよりも、貯蓄しておけばよい、ということもありますが、もちろんそれも効果的な方法です。しかし、誰しもあらゆるリスクに対応できるとは限らず、生保は万人向けの効果的な契約になるでしょう。

たくさんの保険会社がさまざまな生命保険、単独保険と特約を販売しています。特約というのはオプションであって、単独契約することはできません。

生命保険では、とくに死亡保険、医療保険、入院保険などに加入しておくことで、死亡、病気、入院に備えることができます。ちかごろはバリエーションが増えて、三大疫病に対する保険、がんに対する保険など、リスクを考えた商品ができてきました。

加入の折にはできるだけ比較して検討することが大切です。

おすすめの情報ガイド


Copyright © 2012 がん保険のおすすめ比較 【終身タイプ・定期タイプなど】. All rights reserved