トップページへ戻る > 昔ダメだったものが今ではガンに有効になっている

昔ダメだったものが今ではガンに有効になっている

"昔からガンに対しては、先入観に近いある一定の認識がありました。
最も顕著なものが、食べ物や飲み物に対する偏見です。
例えば、コーヒーは飲むとガンになる可能性が高くなると大々的に言われていたのは歴史的な事実ですし、そうしたものに対する警戒心が私達に訴えられていたのは間違いありません。
しかし、医療技術や科学技術の進歩によって、そうした当たり前だった先入観が実はウソだったということがわかってきたのです。

例えば、先ほどのコーヒーの話になりますが、実はコーヒーは身体にものすごく良い効果をもたらすことが研究結果でわかってきています。
含まれているカフェインはもちろん、脂肪の消化作用もありますし、なんとガンを抑える効能まで発見されているのです。
コーヒーを一日に何杯も飲む人とそうでない人では、ガンになる結果に違いがあったのです。

こうした当たり前だと思われた事を疑うことからも、新しい発見があるのだとわかってきました。
医療の分野でも、まだまだこうした発見がされていくのだと感じています。"

おすすめの情報ガイド


Copyright © 2012 がん保険のおすすめ比較 【終身タイプ・定期タイプなど】. All rights reserved